スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
せのび
「身の丈にあった生活っていうけどさ、“身の丈”・・・って、そのまんまの身長じゃなくて、背伸びした高さまでOKだよね。」


身長測定のとき、ちょっとだけ、カカト浮かせたりしてませんか?
身長を尋ねられたとき、ちょっとだけ、サバよんでませんか?本当は169.1センチなのに、170センチ・・・みたいに。
実際の身長よりも、高く見せようとしてしまう心理ってなんだろね???

「“身の丈”にあった生活」
高望みをしすぎない、借金してまでゼイタクしない、自分の「分」を知ったうえでそれにみあった生き方をする・・・というような意味で使われる言葉。
でもさ、ヒトって背伸びすることができるんだよね!ハイヒールだって履けちゃう!
そのまんまの身長のときよりも、ほんの10センチ視線が高くなっただけなのに、見える範囲は広がって、景色はぜんぜんちがうものだったりするでしょ。
自分から見える景色も変わるけど、見られる側としても、いつもの自分とは、ちょっとだけちがって見えているはず。
ジャンプして30センチも視線を高く、自分を大きく見せる必要はないけれど、背伸びくらいはしてもいいんじゃない?

ジャンプでの滞空時間はホンの一瞬。ジャンプしたその高さを維持することはできないけれど、背伸びなら長時間キープできるでしょ?そのためには、筋力が必要だけどね。筋力は鍛えれば身につくものです。日ごろのトレーニングで鍛えましょう。

でも、忘れちゃいけません。背伸びは、あくまでも背伸び。本当の背の高さではないのです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://yoko-wake.jugem.jp/trackback/3
page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
漢力検定
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS